忍者ブログ

アルスト片割れゆいばらさん、脱消失人間を目指して&ずぼら悪癖を直そうと、1000の大好きに挑戦中。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




0033/映画『塔の上のラプンツェル』




お久し振りです。ほぼ一年です。それでもってラプンツェルです(反省の色皆無)

本日三度目の鑑賞に行って参りました。行き過ぎですね!
計画停電にかち合わなければもう5回は行ってた筈です。おかしいですね!
でもまだ観たいとかぼやいてますよ。好き過ぎですね!
なんかこう…私的興奮度がサマウォを彷彿とさせる感じですね!
でもその時と今とで違うのは、車の免許持ってるかどうかなんですね。
やばいですね。藤井さんと一緒になって、何回観に行く気なんでしょうね!

ディズニー作全網羅なんてしてませんが(50作目おめでとうございますー!)
プリンセス系列とピクサーさん系列は制覇してる…筈?
それなりのディズニー好きです。ランド行った事は2回しかありませんが(笑)
根っからのハッピーED好きなので(でもバッドでも好きな作品はたくさんありますよっ)
ディズニーの原作改変&練り直しっぷりは基本好みに合うんです。
特に眠れる森の美女とリトルマーメイドとアトランティスが好きなんですが、
最新作のラプンツェルも、そのベスト3に負けず劣らず大好きでした…!
というか何かもう、愛着と思い出(美化)の込もってる最愛のリトルマーメイドと
遜色ない位かもしれません。DVD持ってますが…美化っていうかね。うーん。
というかリアルタイムで劇場で観れた、という事で、興奮度は一番かもしれません。
まだまだ観足りません(*。A。)=3 <また云うとる

以下本格的に語るつもり満々なので、ネタバレ注意であります。



映像も曲もお話も、パンフレットにあった通り、
頭のてっぺんから爪先まで嬉しい作品でした。目も耳も心も幸せ(*。A。)=3
3D眼鏡の重さを感じさせない、幸せ過ぎる2時間でしたとも…!
ああまた見たい。゜゜(´□`。)°゜。

ラプンツェルがとてつもなく可愛い(≧◇≦)/// 是非公式プリンセス入りして欲しい…!
最愛のアリエルと雰囲気似てるな~、と思ったらデザイナーさん同じとか。超納得。
デザイナーさんって、性格行動そういったもののデザインもしてるのでしょうか?
(アリエルの二番煎じとかそういうのを云いたいのではなくて、
だとしたら好感持っちゃうのも当たり前だよねとかそんな感じのね…うん)
私頑張る!とハイテンションになったかと思えば、すぐしゅんと凹んじゃったり。
その天真爛漫さというか、感受性豊かな感じがほんともう可愛い。
でも根は前向きなのか、直向きに頑張る姿勢にほんと好感持てましたvV
そして漢前な逞しさに惚れ惚れもしてました。これはフリラプではないラプフリだ(真顔)
…でもあなた、テンションの上下激し過ぎでしょう(笑)躁鬱状態凄かったw
塔から出た後の一連では笑かして頂きました。特にフリンが呆れてる様に(笑)
夏の香り、と歌っているし、初夏っぽいし、彼女はきっとふたご座生まれだろう(笑)
きっとあのテンション&感情の振り幅の極端っぷりはだからだろう(笑)

そしてラプンツェル以上にユージーンが愛しいです。あいつまじヘタレ(誉め言葉)
それにしても、どや顔ひどいwww(*´▽`*)
あんな決め顔に落ちたという多くの女性方の気持ちが分からな…いでもない。
あれだよね、何この不憫な可愛い子、って胸きゅうんとしちゃったんだよね。
ユージーンの望む落ち方じゃなかったよねきっと(笑)
でも素でいれば超かっこいいのに。あいつまじイケメン(悔しそうに吐いて捨てる)
造詣もなんですが、表情の作り方も滅茶苦茶好きです。剽軽な感じがもう可愛い!
剽軽さで笑顔で本心を覆っちゃう臆病者さんですね。ほんともう可愛いよね。
何だかんだで面倒見も良かったり、素はやっぱり人が好かったりね。
ラプンツェルが好きになるのもよく分かってしまうよ。
私もふたご座だからね!(そう来たか)
最初っから、これは好きなタイプだなーと思ってたらほんとそのまま走り切りました。
そのままどころか、後半の一途っぷり&成長振りに胸きゅん度が加速しました。
悔しいっでもそう感じちゃうっ…!
ああっまたフリンに会いたいっ。゜゜(´□`。)°゜。<筆者は病気

作品全体の雰囲気は明るいのに、
初回からぽろぽろ泣きました3回目も勿論泣いた(でもnotぼろぼろ<何その意地)
あの光は、王女の無事を願う、優しくも切ない愛の形なんですよね。
それをちゃんと、ラプンツェルは感じてたんですよね。確かにじゃない、薄らとでも。
それだけで泣けてくるのに、王様の泣き顔は反則過ぎます。
あのランタンシーンが綺麗過ぎて、余計泣けてきます。
離別シーンも…ラプンツェルが瞳をうるうる潤ませてるのがもう。
仮初の別れだって、最後はハッピーEDだって、
そう信じるように己に言い聞かせていても胸が痛くて痛くて!
だってあの子涙ぐんでるんだもん…!ぐすっ。
そして何より、運命の川に分かたれた二人がね。
それまでの、お互いを想い合う二人の切ない決断×2がね、
彼女の涙声での歌がね…もうね、卑怯なのであるYO(何かが崩壊)
ああまた見たい。゜゜(´□`。)°゜。

ダンスシーンが凄い好きです。
でも塔から降りた直後のも酒場の皆サンとの歌唱シーンも好きです。
そして勿論忘れちゃいけない、ランタンシーン!
うわあうわあ、あれ、ランドで催し物しないかなあ……!!(大変かな;)
というかランドにラプンツェルモチーフの何か来ないかな!(すっごく期待してる…!!)
兎にも角にも、歌も映像もどこもかしこも好き過ぎる。ツボ過ぎる。卑怯である。
でもあの、ダンスシーンの雰囲気がすっごい好きなんです…
曲調が、ちょっと雰囲気裏切って北欧…東欧?な感じで、
皆が輪になっての楽しげな美しい舞いに、お互いを求めてすれ違う二人に、
ラプンツェルの華麗なステップ(いや飛翔?)に、最後の二人に!
いつだって結原は恋しています。
ああまた見たい。゜゜(´□`。)°゜。(それ何度目)

話は変わって…原作のグリム寓話は、多分数回しか読んだ事ありません。
ほんと結構うろ覚えなんですが(鑑賞後にwikiってあーそうそうって思い出すレベル)
王子が盲目になるパターンと死んでしまうパターンがあったような…気がね、
するんですけれども、盲目→回復パターンばかりで、
死亡→復活パターンが全然見当たりません。気のせいだったかしら…?
妊娠がばれて魔女に髪を切られて、その髪を利用して王子を転落死させられて、
魔女から彼の死を聞かされて絶望して盲目になったラプンツェルが、
双子の子供達と一緒に世界を彷徨って(転落死=塔の脇にあるのに気付かずに)
泥土に塗れながら生き抜いて、転々とした挙句に塔の下まで戻ってきて、
その末に王子(の死体!)に気付いて、涙して蘇って~
的な印象が強かったの。わたしのきおくってなんてえろぐろ。
だから冒頭のフリンのモノローグにもすっごい納得しつつwktkしてました。
彼はどんな死を迎えて、そしてそれを二人はどうやって乗り越えていくんだろう?
って残酷な事を考えてwktkしてました(笑)
でも間違いではなかった(´・ω・`)
フリン・ライダーという虚像の死(虚像からの脱却というか成長?)、
という意味もあるのだろうけれども、…実際一度そうなったしね?(笑)
そして、悲しい離別をゴーテルに演出された船上シーン…
物言わぬ彼の後姿を見た初回時は、もうあの時死んでるんだと思ってましたw

ラプンツェルのお話(原作)は結構好きなのですが(うろ覚えだったくせにね!)
童話ってそういう側面持ってますがでも、ほんと、E(GU)ROIですよね原作。
髪…特に女性の髪って、神秘性の象徴と考えられてます…よね?
尼僧の方々が髪を剃るのも然り、
戦場の恋人に己の髪で編んだミサンガ然り(どこの風習だっけか…)
そういった、女性の髪っていうのはある意味、…純潔とも結び付けられますよね。
髪を昇ってくるんですよね、原作の王子は。彼女を妊娠させちゃう王子は(笑)
でも、ユージーンは何度か塔を昇っても、ラストまで自力なんですよね。うんうんvV
最後の最後に髪の力を借りて昇ったと思えば、まさかのばっさりシーン。
おわー君か!の役割変更でしたが、どこか納得ですとんと腑に落ちた素敵な改変でした。
穿って見れば、純潔はこれから奪われるという意味でもあr…げふんがふん。こら!
王子とただの(髪長姫とは言われていても)歌の上手い綺麗な娘から、
特別な力を持った王女とただの(ちょっと人に言えない職に就いてる)格好良い男。
髪切るシーン然り、そういった設定自体も原作と逆転してるのもまた面白いと、
三度目見終えた今になってうむうむ考えていました(笑)

あと、最近のディズニーのギャグセンスが凄い嬉しい(ピクサー台頭位からかな)
リトルマーメイドは、最愛作品なのだけれど、大好きなのだけれど、
笑うべき?所で…苦笑してしまうのね…(昔の作品だからかもですが)
(昔っから…小さい頃から苦笑してたんだよう)
日本と外国の感覚の違い、でもあったのかもしれないのだけれど、
今回のギャグパートはどこもかしこも全力で笑わせて頂きましたよ(´∀`)
笑いを噛み締めるのに苦労した位ですよ(3回トモナー)
特に愛らしい動物たちがぱなかった。ほんとぱねぇっす!

そんなこんなで、塔の上のラプンツェル。
お話も、曲も、映像も、プリンセスもプリンス(役と云う意味で)も、
勿論ヴィランズも(あっ全然語ってませんでしたけど!)
みんなみんな、だーいすきです!ほんと愛しいvV(*´v`*)
ディズニー作品の中で、リトルマーメイドと並んでの、私的双璧になりそうです。

ええい、ブルーレイはまだかー!!



 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
結原サキ
性別:
女性
趣味:
WOTAKU全般(ゲーム漫画アニメ寄り/鉄道やら歴史やらはワカリマセン)
自己紹介:
妄想ばっかりよろずサイト、アルストロメリアの片割れ。文字の方。
消失癖&余りにもなずぼらマイペース加減をどうにかしようと、出来たら毎日呟くぞ!を目標に、素敵企画始めてみました。
出来たら、って既に保険をかけているところが、我ながらあざとい。

……そんなこんなで、結局は気紛れに(本当に気紛れに)好きな事を綴っていく頁が出来ました。やっぱりずぼらな駄目人間です。
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright 百合水仙之好情 by 結原サキ All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]